Column & Manual

コラム・マニュアル

SCROLL

GA4 リンククリックイベントの計測設定(GTM)

Googleアナリティクス

ホームページ上のクリックをGA4イベント(コンバージョン)として設定する方法を図解します。
本マニュアルはGTM(Googleタグマネージャー)を用いた設定になっています。
そのため、GA4タグをGTMで設置している必要があります。
ボタンやテキストリンクなど、すべてのリンククリックに対応しています。

1. GTM組み込み変数の設定

まず事前準備として、GTMの組み込み変数を有効にする必要があります。
こちらは過去に一度でも設定したことがあれば、当時の設定がそのまま残っています。
既に設定済みの方は次のチャプターへ進んでください。

左側メニュー「変数」より「設定」へ進みます。

GTM組み込み変数の設定

「クリック」の項目にある「Click URL」にチェックを入れます。
今回使うのは「Click URL」のみですが、いずれ使うときが来るかもしれないため
クリック欄の変数はすべてチェックを入れておいて問題ありません。

組み込み変数Click URL

2. タグの新規作成

「タグ」メニューより新規タグの作成を進めます。
任意の「タグの名称」を入力し「タグの設定」をクリックします。

GTMタグの新規作成

ここではタグタイプを指定しますが
「Googleアナリティクス」→「Googleアナリティクス:GA4イベント」を選択します。

タグタイプの選択

測定IDは「G-」から始まるGA4のIDです。
GTMで設定しているGA4のIDと一致させなければなりません。
下図のように「このコンテナでGoogleタグが見つかりました」と表示されない場合はIDが間違っている可能性があります。

コンテナ内のGA4測定IDと一致する必要がある

測定IDは、GA4管理画面の「データストリーム」から取得できます。
右の□ボタンからコピーするとミスなくコピペが可能です。

GA4測定IDの取得方法

イベント名はGA4にイベントとして表示させたい任意の文字列を入力します。
任意ではありますが、英数字記号が推奨されています。
日本語で設定した場合も正常に計測されることを確認していますが、当社では推奨設定を順守しています。

例では「TOP_banner_1」としました。
※大文字、小文字は区別されます

計測イベント名の設定

3. トリガーの新規作成

トリガー作成画面に入り「+」ボタンからトリガーを新規作成します。

GTMトリガーの新規作成

トリガータイプの選択で「クリック>リンクのみ」を選択します。
ここで「リンクのみ」が表示されない場合は「1. GTM組み込み変数の設定」まで戻って設定を確認してください。

トリガータイプの選択

「タグの配信を待つ」にチェックを入れ、次の①②の条件を設定します。

①これらすべての条件が true の場合にこのトリガーを有効化
 ⇒「Page URL」
 ⇒条件を設定するページURL

②このトリガーの発生場所
 ⇒「Click URL」
 ⇒計測したいリンククリックURL

トリガー詳細条件の設定

①はどのページからクリックが発生したときにイベント計測対象とするか、です。
特にURLに指定がなければTOPページURL(ドメイン)を入力します。
特定のページからのクリックのみ計測したい場合は、個別ページURLを入力します。

指定がない場合の例:「Page URL」含む「unidoa.com/」

バラバラの複数ページを指定する場合など、特定の条件下では正規表現での記載が必要になってきます。
複雑な条件となる場合は個別にご相談ください。

②は計測対象のリンククリックURLです。
計測したいボタンを右クリック「リンクのアドレスをコピー」からURLを取得します。
リンク先でリダイレクトが発生するようなURLも、この方法であればミスがなくなります。

ミスのないリンクURLの取得方法

4. タグの発火確認

タグ・トリガーを保存したらプレビューモードで動作確認を行いましょう。
GTM画面右上の「プレビュー」をクリックし、URLを入力してConnectをクリックします。

「Connected!」と表示されない場合は入力したURLにGTMタグが埋まっていません。
タグ設置状況を確認してください。

GTMプレビューモードの起動

プレビューモードが無事起動すると「Tag Assistant」と「デバッグURL」の2つのタブが立ち上がります。
デバッグURLは「?GTM_」で始まるパラメーターが付いたテスト用ブラウザです。
こちらのブラウザで実際に計測対象のリンククリックURLをクリックします。

デバッグブラウザのパラメーター

Tag Assistantタブには、デバッグ用ブラウザで行ったすべてのアクションが記録されます。
Summaryに様々な情報が並んでいきますが、今回は「Link Click」を探します。

タグ発火状況の確認

Link Clickの項目で「Tag Fired」の欄に
先ほど設定したGA4イベントタグが表示されていれば設定完了です。
プレビューモードを終了して、今回の設定内容を「公開」すれば本番環境に反映されます。

以上で一つのGA4リンククリックイベントの設定が完了しました。
計測するクリックイベントが複数ある場合は、その数だけタグ・トリガーを新規作成します。

5. GA4のイベント確認

GA4で正しくイベントが計測できているか確認します。
イベントが計測されるまではタイムラグがあり、最大48時間かかる場合もあります。

プレビューモードのテストクリックはGA4には反映されませんので
急ぎ確認する必要があれば、GTM公開後に実際のブラウザで再度テストクリックを行ってください。

GA4イベントの計測

レポート>ライフサイクル>イベント
に設定したイベント名が記録されていれば成功です。

イベントは右端の三点リーダーから「キーイベントとしてマークを付ける」と
キーイベント(コンバージョン)としても計測できます。

関連記事>> キーイベントレポートの作成方法

まとめ

GTMを使ったGA4のクリックイベント計測方法を解説しました。
GA4単体で設定するよりGTMを使う設定の方が難易度が低く、制限もありません。
ホームページ上での計測項目が増える企業様は、GTMでのGA4タグ設置を推奨します。

トリガーの新規作成①②の与件が複雑になる場合は、条件付けの工夫や正規表現を使った記述が必要になってきます。
本ページで解決できない場合は個別にご相談をお願いいたします。